クレジットカードでキャッシングを利用|金利や限度額も確認しよう

選び方が重要です

オペレーター

低水準が続いています

住宅ローンは自分に合ったプランを選ぶのが非常に重要です。金利タイプを固定型と変動型で悩む人をしばしばみかけますが、今の経済環境下なら迷わず変動型を選択しましょう。なぜならば、今ほど低い水準はこれまでにないからです。しかも、低利が数年続いています。これからも急激に金利が上がっていく状況は考えられません。変動型にはいつか金利が上がってしまうのではないかという不安が付きまといますが、低利の間に返済が進めば元本が大きく減少していきます。将来、金利が多少上がったところで、その負担額は大きな負担にはなりません。

負担の差を知っておこう

固定金利を選んだ場合、金利の上昇を一定期間気にする必要はありませんが、元本の返済が遅れます。例えば、3千万円を35年間借りた場合、固定型で2.5%、変動型で1%とすると、固定型と変動型における利息負担の差は2.5倍になります。もちろん変動型の場合、将来負担が増えてくる可能性もありますが、そのことを考慮しても2.5倍の差が逆転するということはよっぽどの金利上昇がなければ実現しません。住宅ローンを組む際にはいろいろなパターンのシミュレーションを取って確認してみましょう。そして、今後経済環境がどのように変化していくのかということを自分なりに予想しておくと良いです。変動型から固定型への切り替えはいつでもできますので金利が上がると思ったらタイミングをみて変更するのも良いです。